保健室って?
体調が悪くなったとき
保健室原因を見つけ、今どうすればよいか、今後どのようなことに気を付ければよいか考えます。必要に応じてベッドで休養します。 内服薬は使用しません。保健室は医療機関ではないので、一人一人の症状や体質に合わせたお薬を出すことが出来ないからです。薬を飲む必要がある人は医師の診断を受け、処方された薬を飲んで休養して下さい。
ケガをした時
保健室保健室では応急手当をします。その後の治療は自宅や病院で行って下さい。(※)
こころが・・・
心配なこと、悩みごとがある時、どうすればよいか一緒に考えましょう。話をする だけで気持ちが楽になることもあります。いつでも遠慮せずに話しに来て下さいね。 本校にはカウンセラー室もあります。
その他
保健室身体についての書籍や資料もありますので、利用して下さい。 身体測定(身長・体重・座高・血圧など)ができます。
(※)ケガを病院で治療したとき 本校は入学時、全生徒が独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度に加入する形をとっています。学校でのケガ(登下校中・授業中・部活動も含む)で医療機関にかかり、医療費の総額が5000円以上(病院の窓口で支払う額が1500円以上)の場合は、医療機関に記入してもらう所定の用紙がありますので、保健室まで取りにきて下さい。 用紙は独立行政法人日本スポーツ振興センターホームページのダウンロードページからも入手できます。詳細につきましても上記ホームページをご覧下さい。
※本校では独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付金制度の他に、任意で自転車総合保険や生徒総合補償制度に加入しています。加入している方はそちらの手続きも行って下さい。
◆災害共済給付制度・・・学校の管理下で生徒の災害(負傷・疾病・障害・死亡)が発生した時に、その災害共済給付(医療費や障害見舞金又は死亡見舞金)を保護者に対して行う制度です。
Copyright(C) 日本大学第二学園 All rights reserved.
〒 167-0032 東京都杉並区天沼1-45-33
電話 中学部 03-3391-5739(中学部校舎)  高等部 03-3391-9700 03-3391-2379   事務室 03-3391-0223 FAX 03-3398-1915