二中・二高通信

20180404

部活 チアダンス部

USA School & College Nationals 2018 第9位

この大会は、ARCHERS史上最多人数、そして選手全員がレギュラーとして出場できる最後かもしれない大会でした。私たちは春合宿前の練習で、結果にこだわりすぎて、一緒に踊る仲間を思う気持ちや、チアダンスの楽しさなどの初心の気持ち、この大切なことを忘れかけてしまっていました。それを春合宿で気づくことができ、そこからもたくさん考え、悩み、もう一度初心に帰って、結果よりも、「人の心を射抜く演技」をすることをこの大会の目標としました。

USA School & College Nationals 2018_01

そして迎えた本番。演技中、自分たちが周りからパワーや愛を感じながら2分半踊ることができました。だからこそ、9位という結果はとても悔しいです。しかし、この悔しさは、これから成長していく上で、とても大事なことだと思うので、これをバネに、これからも大切なことを忘れず、日々精進していきます!そしてここまでこられたのも、コーチや先生方、OGの先輩方や家族の支えがあったからだと思います。本当に、本当に感謝しています!
4月からは新しい代となり、また今年度からARCHERSの体制は大きく変わるかもしれません。今は不安の方が大きいけれど、大切な仲間と共に乗り越えていきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いいたします!(1年部員)

12.13thで踊る最後の大会が終わりました。結果は、私たちが4月に決めた目標とはかけ離れた結果。それでも、みんな良い顔で終わることができました。それは、最後の最後に大切なことに気付けたから、気付けて実施できたから、でした。私自身も、たくさん悩んで挑んだこの大会。なによりも、みんなが、このメンバーで踊れてよかった、楽しかったって思ってくれていることが本当に嬉しいです。届いた写真はみんな本当に良い笑顔で、楽しそうで、見ているのが幸せです!最後に、いつも応援してくれた家族、先生方、コーチ、OGの皆さん、学校の先生方や友だち。活動場所があること。ARCHERSは、本当にたくさんの支えがあって成り立っています。これからも、感謝を忘れず、見ている人の"心を射抜く"演技をしていきたいです!(2年副部長)

USA School & College Nationals 2018_02


この代で踊れる最後の大会、USA Nationals。私たちは結果ばかりに目が眩み、本当に大切なことを忘れていました。チアスピリット、仲間やコーチ、先生、先輩、家族、友達など応援してくださっている方への感謝の気持ち、チアが好きという純粋な気持ち、最も大切なことは気づかないくらい近くにあるものだと学びました。自分たちがやりきったにも関わらず結果が返ってこなかったことは悔しさしかなかったけれど、このメンバーと踊れた1年間は何度も泣いたり、悩んだり、笑ったり、喜んだりと今までにないくらい濃い時間でした。この時間をこのメンバーで共有できたことは私の一生の宝物です。

USA School & College Nationals 2018_03

ここで学んだことはこの先どこに行っても大切なことだと思います。今のこの気持ちを忘れずにそれぞれの道で頑張っていきたいと思います。今、大切なことに気づかせてくれた先生方、コーチ、先輩方、ずっと影で支え続けてくれた両親、こんな頼りない部長についてきてくれた13th、誰かのピンチは絶対に見捨てない、不器用だし、個性はめちゃくちゃ強いけど一番仲間想いで、2年間一緒に頑張ってきた12th…みんなに感謝の気持ちと大好きって愛の気持ちが溢れています。このARCHERS で仲間と共に短い青春を過ごせて私は本当に幸せです。
ARCHERS 12.13代目を1年間応援していただき、本当にありがとうございました!この代で臨む大会は終わってしまいましたが、今後もARCHERS の応援をよろしくお願い致します!(2年部長)

「1位を取る」という目標を掲げ練習を続けてきた。しかし、その目標設定が自分たちを苦しめる。通しの練習をしていても、何も伝わらない。なぜ?自分たちは楽しかったのに・・・悩んだ、もがき苦しんだ。しかし、その悩みも解決しないまま、合宿へ突入。そのような状態のチームではぼろが出る。努力はしてきたものの「本気」になれていない。「本気」で何かを解決できない、「本気」で仲間とぶつかることができない。そんな努力はただの自己満の努力。だから、自己満の演技。合宿ですべてが繋がっていることに気づく。もう少し早く気づけていれば、、、、この悔しさや学びは今後の人生で役に立つはず。次のステージで大いに自分たちの力を発揮してほしい。
これまで、応援してくださった保護者の皆さん、また商店街の皆さん、OGや選手のお友達、本当にたくさんの方々に感謝いたします。引き続き応援宜しくお願いいたします。(顧問)