学園案内

ご挨拶

president

歴史と伝統を受け継いで
本学園は、昭和2年(1927年)4月に旧制日大二中として開校しました。
日本大学の建学の精神である「自主創造」のもと、教育目標に「信頼敬愛・自主協同・熱誠努力」を掲げて以来、多様な価値観の中での人間形成を目指した教育活動に励んでまいりました。
学園を包む『おおらかで あかるい』校風は90年を越える歴史のなかでつくられ、受け継がれてきたものです。
その歴史と伝統を守りながらも、男女別学から共学へ、グラウンドは土からタータントラックと人工芝へ、また、校舎や施設を新築するなど、その時代に即した対応や教育環境の整備改善に取り組んでまいりました。
そして今、創立100周年に向かって、新たな気持ちで力強く歩を進めています。
現在4万2千人を越える本校卒業生は、在校時代に培った『知・徳・体』のバランスのとれた人間力を発揮し、国内外を問わず様々な分野で活躍しています。
加速度的に多様化する時代を受容しながらも翻弄されることなく、しっかりと次世代を担うことのできる人材を育成するために、教職員一同、力を合わせて取り組んでまいります。

日本大学第二学園理事長 長島 庫子

jhs_principal2

 荻窪の閑静な住宅街にある、広大な敷地(44,432㎡)の中学校です。学校のシンボル、銀杏並木は、学校開校(1927年)以来、生徒を見守り、生徒と共に成長してきました。ここで育つ生徒は、伸び伸びと自分らしさを活かして勉強に、諸活動に取り組んでいます。
 教育の特徴は、先取り学習をせず、基礎・基本の徹底、底力を養うことを重視していることです。また、特進クラスやスポーツクラスなどは設けず、生徒は様々な人と一緒に生活を共にすることで、多様な価値観を養います。ICT教育活動の一環として、電子黒板の設置をし、生徒は個人専用のタブレットPCを授業でも活用しています。行事面では、体育大会・文化祭・各学年の宿泊行事・学芸鑑賞・日本大学学部体験学習をはじめ、自己のキャリアを考える学習も充実しています。
 おおらかで明るい校風。熱意と温かみのある先生や先輩が待っています。そんな日大二中で一緒に中学生活を送りませんか。
 
日本大学第二中学校長 寺西 一清

shs_principal3

 新型コロナウイルスと向き合ってすでに2年半余りが経過しようとしています。
 このような世界状況に陥ることを誰が予測していたでしょうか。多くの人の答えは、「いいえ」です。時代は予測不可能な社会に突入したといっても過言ではありません。
 さて、本校の育てたい15の資質・能力は、開学以来の教育展開を振り返りながら、この先の難しい現代社会を乗り越えるために必要なものとは何か。大事にしてきたものや継承すべきものは何かと、学内議論を重ねに重ねて抽出したものです。なかでも、自分のあり方を積極的に受けとめ、自己吟味しつつ前向きに生きる力と定義した自己肯定力は、難しい時代を乗り越える力の一つとなると確信しています。
 この度、本年度入学生より、新しい教育課程を年次進行していく準備が整いました。従来、「文系」「理系」に分けてきた2年次からのコース選択は、本校の特色である多様な進路選択・目標実現をさらに進化させるため「人文社会」「理工」「医療」の3つの文理融合型の各コースに改編しました。
 皆さんの未来を、新たな10年を歩みだした本校に、安心して託してみてください。
 
日本大学第二高等学校長 中島 正生