学園案内

ご挨拶

president

歴史と伝統を受け継いで
本学園は、昭和2年(1927年)4月に旧制日大二中として開校しました。
日本大学の建学の精神である「自主創造」のもと、教育目標に「信頼敬愛・自主協同・熱誠努力」を掲げて以来、多様な価値観の中での人間形成を目指した教育活動に励んでまいりました。
学園を包む『おおらかで あかるい』校風は90年を越える歴史のなかでつくられ、受け継がれてきたものです。
その歴史と伝統を守りながらも、男女別学から共学へ、グラウンドは土からタータントラックと人工芝へ、また、校舎や施設を新築するなど、その時代に即した対応や教育環境の整備改善に取り組んでまいりました。
そして今、創立100周年に向かって、新たな気持ちで力強く歩を進めています。
現在4万2千人を越える本校卒業生は、在校時代に培った『知・徳・体』のバランスのとれた人間力を発揮し、国内外を問わず様々な分野で活躍しています。
加速度的に多様化する時代を受容しながらも翻弄されることなく、しっかりと次世代を担うことのできる人材を育成するために、教職員一同、力を合わせて取り組んでまいります。

日本大学第二学園理事長 長島 庫子

中学校長

 日大二中は正門を入ると、プロムナードがまっすぐに伸びています。学校開校時の昭和2年(1927年)に植樹した銀杏は、長い歳月を経て立派に成長し、伝統を感じさせる本校のシンボル、銀杏並木となりました。生徒たちは銀杏の大木からエネルギーを享受し、元気に学校生活を送っています。本校の教育で特徴的な点を挙げます。まず学習面は、基礎基本を大切に、時間をかけて確実に勉強します。恵まれた学習環境を利用して、落ち着いた学習を行います。また、カリキュラムの先取りなどで、消化不良になることを避けています。次に行事面では、体育大会、文化祭、各学年の宿泊行事、学芸鑑賞、弁論大会、日本大学学部見学会、等々多彩な行事があります。それらの行事を通して、感性、耐性、想像力を磨き、学習で得た知性と両輪になるよう指導しています。
 日大二中生は、みな<二中大好き>です。おおらかで明るい二中生の仲間になりませんか。
日本大学第二中学校長 深沢 詠治

shs_principal

 高校生活は僅か3年です。しかしそんな短い時間の中でも「一生もの」の学びを得る機会は数多くあります。 一人一人の生徒が、知性と感性を磨き、心身の健康を培い、そして、日々の授業を何よりも大切にして学校生活を送れるように、教職員が一丸となって指導に当たっています。
 また様々な学校行事、部活動を通して、多くの友人と出会い、互いに切磋琢磨しながら成長していくことを期待しております。特に未来の自分を想像して「課題を解決する力」すなわち自らの知識・技能を活用し、主体性をもって課題を発見する。そして解決に向け、多くの人と協働できる能力を身につけ、卒業時には立派な自立した人間になることを目指しております。
 さあ、その夢への第一歩を本校で踏み出しましょう。
日本大学第二高等学校長 新野 好通