【高2医療コース】東京衛生アドベンチスト病院見学

2023年11月28日(火)
  • #学び

11月17日(金)、高校2年医療コースの2クラスが、学校近隣の杉並区の基幹病院として地域医療を支える「東京衛生アドベンチスト病院」病院を訪問。


 本年度より開設された高校2年医療コースは、将来の医療従事者に向けてのキャリア学習として、
1学期には医系専門予備校講演会、看護医療系総合受験予備校による講演会、東邦大学薬学部による出張講義を実施。

 これに続いて9月に予定していた病院現場見学が台風の影響で一旦は中止となっていたが、
病院側のご好意でこの度、病院見学が実現することとなり喜びもひとしお。

 病院・大学敷地内の教会に集合した生徒達は、グループごとに教会の座席に腰を下ろし、すぐに教会の落ち着いた雰囲気に包まれる。
つづいて、荘厳な音色のパイプオルガンの演奏に耳を傾け、静謐さに満たされてプログラムがスタート。
オープニングは副院長兼看護部長の平野先生のご挨拶。副院長・診療部長・整形外科部長の平林先生からは「医療従事者を目指す皆さんへ」というメッセージをいただく。

ついで、医療機器管理科→薬剤科→医療管理安全者→栄養科→放射線科→リハビリテーション科→看護部の順で、
各科の先生方より各科の使命と病院内連携、本音を交えた「医療現場の今」をお話しいただいた。
なかなか聞けない、聞く機会のない現場の先生方のお話を熱心にメモを取る生徒たちの姿が印象的であった。

 後半は、グループに分かれて病院内の各診療科等を見学。
MRI施設や手術室に入室し説明を受ける、小児病棟やホスピス病棟のアニマルセラピーの現場見学など大変貴重な体験を積み上げることができた。
各科の見学を終え、教会に再集合して生徒が感想を述べあうクロージングでは、
多くの病院関係者のご協力によりこのプログラムが実現した事への感謝の気持ちと感じた発見と驚きの言葉が並んだ。
観たこと、感じたこと、興味を持ったことを通じて行動を起こすこと。
「観感興起(かんかんこうき)」という四字熟語のとおり、この体験がそれぞれの医療従事者になるぞという覚悟へとつながり、これからの進学準備に向かってくれることを願う。

 
総力を挙げてご協力頂いた、東京衛生アドベンチスト病院のすべての関係者の皆様に感謝申し上げます。

 日本大学第二高等学校 校長 中島正生

   

   

   

 

TOP
学校案内・願書請求