学校生活

保健室

保健室

こんな時は保健室に

体調が悪くなったとき

 原因を見つけ、今どうすればよいか、今後どのようなことに気を付ければよいか考えます。必要に応じてベッドで休養します。内服薬は使用しません。保健室は医療機関ではないので、一人一人の症状や体質に合わせたお薬を出すことが出来ないからです。薬を飲む必要がある人は医師の診断を受け、処方された薬を飲んで休養して下さい。

ケガをした時

 保健室では応急手当てをします。

こころが・・・

 心配なこと、悩みごとがある時、どうすればよいか一緒に考えましょう。話をするだけで気持ちが楽になることもあります。いつでも遠慮せずに話しに来てください。本校にはカウンセラー室もあります。

その他

 身体についての書籍や資料もありますので、利用して下さい。
 身体測定(身長・体重・座高・血圧など)ができます。

ケガを病院で治療したとき

 本校は入学時、全生徒が独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度*に加入する形をとっています。学校でのケガ(登下校中・授業中・部活動も含む)で医療機関にかかり、医療費の総額が5000円以上(病院の窓口で支払う額が1500円以上)の場合は、医療機関に記入してもらう所定の用紙がありますので、保健室まで取りにきて下さい。用紙は独立行政法人日本スポーツ振興センターホームページのダウンロードページからも入手できます。
 詳細につきましても上記ホームページをご覧下さい。
 本校では、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付金制度の他に、任意で自転車総合保険や生徒総合補償制度に加入しています。加入している方はそちらの手続きも行って下さい。

 災害共済給付制度:学校の管理下で生徒の災害(負傷・疾病・障害・死亡)が発生した時に、その災害共済給付(医療費や障害見舞金又は死亡見舞金)を保護者に対して行う制度です。

ルールとマナー

  • 来室するときは、担任や教科担当の先生に一言伝えてきて下さい。
  • 急を要さない状態の時は、出来るだけ休み時間に来室して下さい。
  • 保健室では静かにし、他の生徒の迷惑にならないようにして下さい。
  • 怪我や病気をした時は、クラス・時間・怪我や病気の様子を具体的に伝え、来室記録用紙に記入して下さい。
  • 原則として保健室では投薬は行いません。
    普段から自分で服用している薬がある場合は、学校にいつも持ってくるようにして下さい。
  • 保健室では飲食はしないで下さい。
  • ベッドや器具等は勝手に使わないで下さい。必ず、先生の指示を受けて使用して下さい。
  • ベッドや器具等を使用した場合は、きちんと整理整頓して下さい。
  • 休養は1時間を原則としています。
  • 保健室を利用した際は、保健室利用カードを配布しますので、そのカードを担任や教科担当の先生に提出して下さい。

学校感染症について

 生徒が感染症と医師より診断された場合、本人の安静と集団への感染・流行を防ぐため、出席停止(欠席扱いとしない)となります。医師より診断された内容を担任に連絡し下記の出席停止期間を参考に医師の許可があるまで家庭で安静にしてください。
 なお、治癒後の登校については必ず医師の診断を受け、登校許可証を提出の上、登校させてください。
(下記の出席停止期間は原則的な停止期間であり、症状により異なります。)

登校許可証(中学用)(PDF)
登校許可証(高等学校用)(PDF)

※A4用紙に印刷して、ご利用下さい。
※許可証は学校でも配布しています。

学校感染症の種類および出席停止期間

 学校感染症とは学校において予防すべき感染症として学校保健安全法に定められた感染症のことをいいます。
(施行日:平成24年4月1日 平成27年1月21日一部改正)
 病名出席停止期間
第1種エボラ出血熱治癒するまで
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群
中東呼吸器症候群
特定鳥インフルエンザ
第2種インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで
百日咳特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか)解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 (おたふくかぜ)耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう)全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱)主要症状消退後2日経過するまで
結核病状により学校医その他の医師が感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
第3種コレラ症状により学校医その他の医師が感染のおそれがないと認めるまで
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症(溶血連鎖球菌感染症・マイコプラズマ感染症・感染性胃腸炎など)

健康診断について

 健康診断について本校では4月に定期健康診断を行っています。

女子栄養大学との共同研究について

 平成11年度より女子栄養大学の協力を得て、通常の健康診断の項目の他に中学1年生、高等学校1・3年生、希望生徒を対象に①体脂肪測定・②骨密度測定・③採血検査を、全生徒対象に④日常生活や食事に関する調査を実施しています。

 詳細はこちらをご覧ください。